レックスヒル&AtoZ

AtoZ、レックスヒルも収穫は早いらしい。10月頭だとか。


実はマスカットも少量あり。
暖かい年のみ生産していて、今年は造るらしい。だいたいピノの一週間前に収穫するそうだ。

そもそも、レックスヒルとAtoZの関係って?わたしもさっき確認出来ました。
引退しようと思ったレックスヒルのオーナーが家族経営のAtoZにゆずることに。AtoZも、そのままレックスヒルのブランドは残し、生産販売を行っています。敵対的買収ではありません(^^)
てことで、テイスティングタイム\(^o^)/

2012シャルドネ
香り華やか。2011より温暖な年だったのでボリュームもある。グリーンアップルの香り。ステンレスタンクのみ。これは好き。
2012ピノグリ
フレッシュで人気。お寿司におすすめ。あとに心地いい苦味があり、食欲がすすむ。
2011ピノノワール
発売当初、1600ケースのみだったが、今では合計28万ケースまで。50ドル以下のオススメワインにも選ばれた。実際は18ドル。コストパフォーマンスたかし。
2011レックスヒルピノノワール
タニック。熟成可能。40%エステイト、60%購入ブドウ。12の畑をブレンド。果実の甘みも十分。8000ケース。
2011レックスヒルピノノワールリザーブ
4~6の畑のブレンド。新ダル比率高い。が、かなり果実の甘みもあり、複雑味もある。長期熟成向き。
久しぶりに試飲したけど、AtoZ、コストパフォーマンスたかいなー。
シャルドネとか、香りがアロマティックでタイプ。売りやすいしね。
面白かったのが卵形コンクリート製タンク。少量造る白ワイン向き。発酵から熟成までおこなう。ワインが循環して、豊かな味わいになり、温度管理も出来る。

フランス、イタリアでは多く使用されているが、オレゴンではまだ珍しいかも。
最後にワインメーカーさん、(名前ど忘れ中m(_ _)m)とキャリー。

きゃりーさん、マラソン頑張ってください。
つね

3日目始まります!

今日は行くよ、5件(*^◯^*)
AtoZ、レックスヒル、ドルーアン、ジアイリー、ドメーヌセリーヌ、アーチェリーサミット。

つね

ソーコルブロッサー、ステキ過ぎる\(^o^)/


ソーコルブロッサーの社長のお一人、アリソンさん。ご兄弟のアレックスさんとともに会社を引っ張ってます。
失礼だけど、かわいい\(^o^)/
オルカさんに聞いたら、
来日しても大人気らしい(*^^*)
隣りにドルーアン、そしてアーチェリーサミット。
1988、ドルーアンがやってきて、自分たちが買った土地に間違いなかったと改めて納得したそう。
今年は暑く、収穫が3~4週間早くなるらしく、アレックスは収穫が早まったんで準備で忙しいらしい。
新しく7月1日に完成したビジターセンターで、ディナー\(^o^)/













新しく発売されるエボルーションの泡も香りがハツラツ、フレッシュでいい。
瓶内二次発酵です。これ、いい。
あと、ロゼも美味しい。
オレゴン以外は、日本とカナダしか輸出してないそう。v(^_^v)♪
やっぱりアメリカでは、ロゼ人気だな。
陳列も多いし、ワイナリーも造ってきてる。
食事も美味しゅうございました。
アリソンさん、無事に元気なお子さんを\(^o^)/
つね

オレゴンの自然を守りたい…。

オーナーたちがここに越して来た頃は、
自然も豊富で素晴らしい環境でしたが、
90年代になって危機を感じはじめ、
意識して自然を大切にしないといけないと
いう気持ちになり、サスティナブル農法をはじめることになったそう。

この話はこのベゼルハイツにとって重要なものなので
またゆっくりかきたいなと思います。
LIVE
旦那さんがファウンダーの一人となっている組織。2004年に自社畑はオレゴンの栽培家たち自ら設立した自然農法及び、持続的自力育成型栽培活動を運営するLIVE(Low Input Viticulture and Enology)の公式認定を受けました。
お話によくでてきた、ライブ。
また後日、じっくり。
ありがとうございましたm(_ _)m
つね

ベゼルハイツへ

うん、近い。
さっき、クリストムで登りきった先に
見えてたしね^_^;

で、ベゼルハイツ。
笑顔がステキ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
しゃべりはじめてわかったけど
熱くなると通訳さんの存在を忘れる( ̄O ̄;)
ベゼルハイツの面白いところは
77年に植えたシャルドネ、ピノともに
自根のブドウをそのまま今も
栽培していて、使用していること。

シャルドネは後から植えた若木と
ブレンドして使用。
粒に大小があるため、酸が出やすく、
果実味豊かな若木の味わいのバランスを
ととのえています。
ピノノワールは、スコットヘンリー仕立て。(ダブルワイヤー)

樹齢も高いため、根が深くはり、
ミネラルを吸い上げます。
オーストラリアではまだまだみかける
仕立てだそうですが、
もうオレゴンでは他にはないそうです。

さて、ワイナリーの見学の後はテイスティング\(^o^)/
●2010リースリング
買い付けぶどうで造られてますが、
酸はしっかりでほどよい果実味。
●2011シャルドネ
2011年はもっとも遅く11月4日に収穫したそう。香りは甘く、酸はしっかり。
●2010ピノノワール
買いブドウ。
●2010ピノノワールエステイト
格段にうまい。果実味、タンニンがバランスよく、まろやか。
その他にも、ピノノワールを
お出しいただきました。

続く。

クリストムでランチ


米ナスとモッツァレラ、トマトのバルサミコソース?

よく日本にいらしているシェフ(セールスマネージャーのジョンさん!)が
お好み焼きみたいな小麦粉をつかったものに
この辺りのサーモンをたっぷりのせたプレートを出して
くれました。
どれもヘルシーで助かる\(^o^)/

ワインも現行の2011から、バックヴィンテージまでずらり。
時間がなく、かなりかけあしだったのが本当に残念。

ブラックベリー。
こんな甘いの食べたことない。
ってブラックベリーってあんまり食べたことない(・・;)
と気づきました。

最後は、シェフ兼セールスマネージャーのジョンさんと、
ワインメーカーのスティーヴさん。

ご挨拶もそこそこですみませんm(_ _)m
本当にありがとうございました。

クリストムの畑を満喫、そして汗ダク(; ̄O ̄)

きょうはWiFiがつながらずm(_ _)m。
さて、あさ、クリストム到着。

ワインメーカーのスティーヴさんに
これから1時間くらい歩くけど大丈夫?
ときかれ、
だ、大丈夫です。(;゜0゜)
畑を歩くとは聞いていましたが、
1時間なのね!(◎_◎;)
もちろん、歩きますよ(*^◯^*)
畑行きたいし。



登る、登る。
ちょっと写真とると、すぐに遅れます。
もう汗ダクです…>_<…。 一番下の南北に植わった畑を過ぎ、 火山灰土壌の標高の高い方へ。 このあたりは作業しやすいように 畝は斜面に垂直になっています。 ところどころ、見えるのが クリスマスツリーになるもみの木。
他の会社と契約して、この木、
販売されているそうです。
面白~い。
この辺りは最近、大手のワイナリーが
続々と土地を購入しているそうで、
カリフォルニアのケンダルジャクソンや
J.フェルプスにいたクレッグウィリアムズが購入したり、
オーストラリアのペタルマなどなど。
ますます、注目されていくでしょうし、
いろんな状況が変わってくるかもしれませんね。。
ただ、スティーヴさんは
我々が来た時も快く迎えてもらったので
そういう対応を取るよ、と。
ふむ。
オトナ。
まだまだたくさん書きたいことはありますが、
とりあえず、ランチへ。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
つづく。

5時に目が覚めた(^^;;

昨日そっこう落ちました_| ̄|○
行きのデルタのなかで寝られなかったんで、
まる2日起きてた感じ[emoji:v-405]
さ、今日から本番。
クリストム、ベゼルハイツ、ソーコルブロッサーにGO[emoji:v-218]
いよいよです[emoji:v-411]
ツアーのメンバーにも
wassysさんはリアルでブログあげるんだよねーって(~_~;)
なかばここでもプレッシャー。_| ̄|○
昨日の夕食、BBQもたくさん食べたし、頑張るヾ(@⌒ー⌒@)ノ





陽気なツアーメンバーのようです[emoji:v-392]

つね

エッジフィールド

大人の遊園地みたいな、
素敵なレストラン、スパ、ワイナリーなどを
併設している複合施設エッジフィールド。

ワインは系列のレストランの他、
少しだけしか出回っていないそう。
一瞬、マスカットベリーAか?と思うような
素朴な土っぽさのあるピノ。
肥沃な土壌で造られているせいか
ピノグリ、ヴィオニエともに
アルコール感が強く、骨太。
あとは、メルローやカベルネなどたくさんの品種をブレンド した赤や
ブランドノワールの泡など
面白い物も生産しています。
需要と供給があってるし、
ワールドは完成されているので
これはこれであり!だと思います。

デートに最適(*^_^*)

コロンビア川

今日から5日間はオレゴン州。

コロンビア川は雄大。
川の向こうはワシントン州。
この川によってカスケード山脈が
東西に分断されている。
地表が見れるのはなかなかない。


マルトノワの滝。
マイナスイオン浴びて元気になろう。