<追記の追記>8/26シアトル最後の出会い

研修最後の夜は、シアトルで。

シアトルのOSワイナリーとヘスティアのお二人にわざわざお越し頂き、一緒にディナー。
湾に面した素敵なレストランです。
OSは試飲会などで試したことがあるくらいだが、このリースリング、旨い。

ワインメーカーがドイツ好きということでドイツを啓蒙して造られており、アルコールも低め。軽やかに飲めるので、まさに食前酒向き。
ワイナリーはシアトル近郊にあるため、クリプサンやシャンプーといった超メジャーな畑のブドウをはじめ、産地から数時間かけて葡萄を運びこみ、ワイナリーで仕込んでいます。
また、OSワイナリーはワシントンのベストカベルネ・フランの造り手として早くから高い評価を得ています。
ここのカベルネ・フランはしっかりと凝縮していますが、決して造りこみすぎておらず、洗練された料理と
よくマッチ。驚くほどの複雑さとフィネスを具えています。
2社目のヘスティア。

あ!
シャノンさんを見て、以前スープルでスタッフセミナーを開催していたことを思い出す。
(私は写真でしか拝見したことはありませんでしたが)
ちょうど対面で食事することになった私は、ワッシーズですとお伝えすると、
ものすごく喜んでくださって、本当に思い出に残るワイン会だった、
ワッシーズと大阪は大好きだと興奮して話してくださった。
シャノンさんはシャイで控えめな印象だったので、この感じはこちらも嬉しくなった。
   あとで聞いたところによると、
  
   3.11の時、ちょうどシャノンさんは関空に着いたところで
   約束していたインポーターさんも来られず、
   お連れの方とワシントンプロモーションをしているお店を検索して
   Wassy’sにお越し頂いたそう!!!
   外国で何が起こっているかわからない不安な状況で
   
   歩いて、やっとワッシーズを見つけてドアを開いた瞬間に
   ワインがずらっと並んでいる自分にとってのいつもの光景をみて
 
   ちゃんと自分が生きていると実感できたのだそうです。
   
   だからこそ、ワッシーズは自分にとって
   とても大事な店なのだと教えてくれました。
最後に撮影をお願いしたところ、快く、応じて頂いた。

みんなに見せるから♪というと、ぜひぜひよろしく伝えてね!!と。
本当にありがとうございました、シャノンさん。
また、ぜひ、大阪へいらしてくださいね。
心からお待ちしています。
ツネトミ

こんにちは、またまた横から重枝@ワッシーズです。
シャノンさん!
メーカーズディナーに来てくださった当時、
実は重枝、スープルスタッフでした。
飛行機に乗った後地震が起こり、日本に着いてから
ワシントンからの安否を気遣うメールで事態を知ったそうです。
テレビの映像でただごとでないのは分かっても、
日本語だから何を話しているのか分からない・・・
とにかく不安だったとおっしゃっていました。
メーカーズディナーでは楽しそうなお姿を拝見できて、
本当に嬉しかったのを覚えています。
ワッシーズにて。
_1300860.jpg
_1300852.jpg
スープルお迎えの準備中。
ea2e75df56706b62948268a184b3dfb1110cc066_78_2_9_2.jpg
スープルのソムリエ君島の力作。
03952a7fe63accc02ea85d5607908751bfd11e8c_78_2_9_2.png
シャノンさん、是非またいらして下さいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です