ウォーターブルックワイナリー

ウォーターブルックでは、シャルドネのジュースを頂く。やはり、どこのワイナリーでも収穫前の果汁チェックが始まっている。

忙しいなか、ウォーターブルックがまだ小さいワイナリーだった頃からワインメーカーをしているジョンフリーマンさんが立ち止まってくれた。

糖度24、25くらいをメドに収穫するそう。ここはまだ先だとのこと。
特筆すべきはフィルター。

0.22マイクロンのものまでフィルタリングすることができるが、必要なものはきちんと残る。
オーストラリアのカーリーフラットもこのタイプを使用しているとか。
こちらは以前のフィルター。

ランチはメキシカンを頂く。
おいし。(^_?)?☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です